vol.17 アメリカの歴代大統領のナンバー(2017/10/05発行分)

バックナンバー抜粋

(前略)

ところで、プリラボではまだ日本の歴代首相しか調べていませんでしたので、今回はアメリカの歴代大統領の統計をとりました。

統計の取り方

1.データはウィキペディアを参照。
2.初代大統領から現在までの大統領経験者(44名)のライフパスナンバーを集計。
3.複数回大統領になった人は、1回だけカウント。

8が多い

今回はライフパスナンバーのみを扱います。まずは表1のデータをご覧ください。

 

表1. アメリカの歴代大統領のライフパスナンバーの分布

 

結果は8さんが8人で最も多く、次いで7さん11さんが各5人となっています。

いつもならここで各数字の人口を推定して「分母(推定人口)のわりにこの数字が多いですね」という手法を使うのですが、アメリカの場合は200年以上にわたって統計をとっているので数字ごとの人口のばらつきは比較的小さくなります。

※ 数字の分布は1000年代と2000年代で大きく変化し、また100年周期で似たような傾向が繰り返されます。(詳しく検証したい方は年代ごとの数字の分布をご覧ください。

本来ならマスターナンバーについても詳細に考察したいのですが(22さんがいないのが気になりますね)、メルマガとしては話が複雑になりすぎますので今回はすべて一桁に落とし込みます。一桁にする場合は1から9までの推定上の人口分布はほぼ等しくなります。

すべて一桁にした場合は2系と8が同数

表1の結果から2と11(2系)、4と22(4系)、6と33(6系)をそれぞれひとまとめにすると表2のようになります。

 

表2. アメリカの歴代大統領と日本の歴代首相のライフパスナンバー分布(一桁にした場合)

 

アメリカの大統領は8と並んで2系(2と11の合計)が同数で最多になりました。これは日本の首相の場合と大きく異なる傾向です。逆に共通しているのは総じて偶数(2,4,6,8)が多い点です。国をまとめる役という意味では偶数さんが務める方が自然ですので、ここは納得できる結果です。

興味深いのは、現在の世界を見渡すと奇数の首脳が多いことです。ライフパスナンバーだけで個々人を判断することはできませんが、総合的に捉えると変化を求める数字(1,3,5,7)が多い中で安倍さんとトランプさんが4同士で安定を求めて結束が強くなるのは自然な流れと言えます。

一方、悪い方に出た4同士のパターンが米朝関係で(アメリカは大統領がすべてを決めるわけではありませんが)お互いに自国を守ろうとしすぎて4の特徴であるマイペースを貫いてしまい、利害関係を調整できず現在の緊張に至っているという一面もあるのではないでしょうか。

統計の話に戻って、陰陽で言えば偶数の中で最も陽の気質を持っているのは8、中間的なのが2と6、陰の気質を持っているのが4です。日本の首相に4系が多くアメリカの大統領に8が多い(2系については後ほど触れます)というのがお国柄を表しているように思います。

アメリカの場合は大統領が国の看板になるので8(俺が全部責任を負うから皆ついて来い!という数字)が求められ、日本には皇室があるため首相にはしっかりと政治をやってくれる真面目な4さんが求められるということも背景としてありそうです。

アメリカで2系が多いのは、人種のるつぼとも言われる国家ですので内部での対立を和らげるという意味合いがあるのかもしれません。2さんのテーマのひとつに「対立・対峙の処理」があります。日本で2さんといえば時代は違いますが江戸城の無血開城を実現させた勝海舟が有名です。

このように考えていくと、首脳の数字にはその国の事情が反映されているように見えます。他の国についても検証したいところで「島国で王室のあるイギリスは日本と似たような結果になるのか」といったテーマも面白そうですが、それはまたの機会に調べてお伝えします。

(後略)

バックナンバーの一覧に戻る

メルマガのお申込み

こちらのフォームからお申込みいただけます。ご購読は無料です。

登録確認メールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダや受信設定をご確認ください。(特に携帯は受信拒否設定などありますのでご注意ください。)

メルマガ登録フォーム

メールアドレス

読者購読規約 (リンク先:まぐまぐ)

Twitter

プリラボ!による人間観察メモ。各数字のキャラが際立つ言動や、数字による考え方の比較をつぶやいてます。

フォローはこちらから


Facebook

Twitterに投稿した記事に加えて、ちょっとした発見やタイムリーなネタにまつわる数字の話、アプリのアップデートなどをお知らせします。

フォローはこちらから



お問い合わせフォーム

プリラボ!からの返信メールが届かない場合は、再度お問い合わせいただくか迷惑メールボックスをご確認ください。

e-mail  
電話番号    *半角英数字


(お電話の場合 時から 時まで)

*鑑定ご依頼の場合のみ
生年月日 *西暦、和暦どちらでも可

*鑑定ご依頼の場合のみ
生まれた時のお名前 *ローマ字またはひらがな

*鑑定ご依頼の場合のみ
特に聞きたいこと